出会う前に戻りたい・・

あの言葉を信じたばかりに・・

別れさせ屋にすがろうかと苦しんでる人なら心のどこかでこんな事は思ってるはず

でも、そんな人は工作依頼などすべきではない

自らを悲劇の主人公や騙された被害者と位置づけるならば相手は紛れもない極悪な加害者って話なわけで

ならば被害者になった時点で関係を絶つのが普通でしょ

被害者だって言いながら加害者と関るならば云わば共犯です

自分を苦しめる共犯者

なんじゃそりゃって話だけど、これ事実、この事実に目を背けては駄目って話

じゃあどうしろって話だけど

ここから先は自分の決断と全責任だと認識しなさいってこと

自身が被害者だと認識しつつも、それでも加害者との関係を望み続けるならば、自分が主犯格の加害者となり相手はその共犯者の立場に降格ってくらいの認識はしないといけないってこと

キツイ言い方すれば被害者ぶって工作しちゃ駄目よって話

自分の置かれた立場をはっきりと確認し選択肢は自分が持ってる事を認識して、それで初めて工作を考える資格Getとなる

・・・・だって、そのくらいハッキリ言っておかないと、その先には必ずストーカー的な行動と思考が待ってるからね

なので言わせて貰いました

えぇっ!
そんな馬鹿な!
何言ってんのフザけんな!
私達はそんなんじゃないから・・!

言いたい事は分かります
でも聞いてください・・
これ以上目を背けてはいけません!!

・・・・・・・・・・
でも

そりゃ、誰だって傷つきたくないし、納得できない現実を受け入れたくはないです
ですが事実は事実、どこかで受け入れないといけません
それをしない心、できない心が増殖し続けるとストーカーと化すのです
だから今一度ここで再確認しようって話

・・・・・・・・・・
う~ん

でしょ?
少しはご理解いただけましたか?
私はこの部分だけは絶対に譲れませんので必ずご理解ください

・・・・・・・・・・

縁あってご相談いただいた方を
苦悩の末とはいえ犯罪者にはしたくないと考えてます
少なからずや幸せへのお手伝いをしたいと考えます

夢や理想の目的は幸福であるわけだから
その副産物が犯罪や破滅であってはならないのです

私はブレません
皆さんもブレない様にご注意を

ちなみにこれらは綺麗事じゃないよ
不幸を目指す奴は何処にも居ないってこと
・・・・そういうことです

じゃあ、またね^^


梟 拝
関連記事
カテゴリ
タグ